« Windows XPとVistaのマルチブートからVistaを消すには | トップページ | VirtualBox »

2010年2月12日 (金)

メーカ非純正だけどWindows2000が動いた

またまた防備録代わりに

 先日Vistaを消去したパソコンにWindows2000を入れてみました。
 ノートPCなのですが、メーカーのサポートOSはWindowsXP Homeのみ。
 ドライバーがメーカサイトでは提供されていないので、検索しながらあちこち探してみることに。

 まずはディスプレイドライバ。MOBILITY RADEON 9000をグラフィックチップに搭載しているのですが、コイツノドライバーはATI(AMD)に行ってもありません。
 で、行き着いたのがOmegaドライバとか言う色々なドライバーを独自に公開しているようなサイト(英語なのでよくわからん)

 次に苦労したのがオーディオドライバ。YAMAHAのチップセットなのですが国内のYAMAHAのサイトにはLSI関係のWebページなくって、これも海外のYAMAHAのサイトにてリファレンスドライバーっポイのを発見。

 最後はネットワークドライバですが、これはIntel PRO/100 VEのチップセットで割りと簡単にIntelのサイトで検索するとIntel® Ethernet Connections CDとか見つかりました。

 他にも色々変なデバイスあるのですが、これくらいを入れておけば普通には使えるようです。

 Windows2000も確か今年の6月でMicrosoftのUpdate提供が終了しますが、軽いし安定しているので大事なデータを入れないマシン(要は子供らに遊びで使わせる)にはまだ十分かなと。

 安全のためにウイルス対策は無償のもので良いので入れておきましょう。

|

« Windows XPとVistaのマルチブートからVistaを消すには | トップページ | VirtualBox »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152778/47548410

この記事へのトラックバック一覧です: メーカ非純正だけどWindows2000が動いた:

« Windows XPとVistaのマルチブートからVistaを消すには | トップページ | VirtualBox »